シフトレバーをグイグイ操作!MT車が面白い!

マニュアル車のドライブが楽しいです。

現在、家庭用乗用車の種類は2種類。電気自動車とエンジンを使った内燃機関動力車です。そのうち、エンジン車は動力を取り出す上で変速機が必要です。9割9分は自動で変速するオートマチック車(AT車)です。でも私はあえてマニュアル車(MT車)に乗っています。なぜなら楽しいからです。楽しい理由は3つあります。

まず、機械の機嫌を図りやすいです。マイコン化された現代の自動車ですが、エンジンはなお日々の天候によってパワーの出方に微妙な変化があります。AT車だとその微妙な違いが感じられずにもどかしい思いをしますが、MT車であれば敏感にわかります。その感覚が丁寧な運転につながり、機械を長持ちさせたり、安全な運転につながります。

さらに、安全です。エンジンブレーキの具合も自由自在です。フットブレーキに頼らず、簡単に速度調整ができるので、下り坂は楽ちん。エンジンブレーキを使っている時は燃料を消費しないので低燃費につながります。経済的です。

そして何より、機械を自分の手で操っている喜びがあります。これだけ大きな機械の中で要となるのがエンジン。その出力を自由に操ると、車の挙動全体を操ることに繋がります。ハンドルさばきも重要ですが、車の機械らしい一番の要素は動力であるエンジンです。それをイジることが出来るのは、即、楽しさにつながります。

最近は中々手に入りにくいMT車ですが、中古市場にはまだゴロゴロ出てきます。車の購入を考えている人はMT車も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です