文鳥を飼い始めました

最近、文鳥を飼い始めました。
以前も飼っていましたが、老衰で亡くし、寿命だったと思っていてもショックで立ち直れない日が約半年続いていました。
ふと立ち寄ったペットショップで文鳥のヒナを見て、やっぱりかわいいし、家の中も賑やかになると思い、文鳥のヒナを2羽お迎えしました。
雌雄はヒナのためまだ分かりません。
そのため、名前もオスでもメスでも通じるような名前を考えるのに頭を使いましたが、見た目に特徴があったため、見たままの名前を付けました。
1羽は背中にブチブチした模様があるので「ブチ」、もう1羽は頭を中心に斑点状の模様があることから「テン」と名付けました。
ヒナといってもあと少しで成鳥になるくらい大きいので、我が家に来て最初に飛んだ時はどこまで飛んでいくのか冷や冷やしましたが、2羽とも基本的に素直な性格のようで、言うことはしっかり聞いてくれているようです。
まだ一緒に過ごして数日ですが、どうやら個性的な性格のようで、ブチは色々なことに興味はあるけど怖がりで、テンはマイペースでおっとりしています。
ブチは手に握られるとそこから脱出するために人の手を噛んだり暴れたりしますが、テンは手に握られると離されるまで大人しくじっとしています(ただし、嫌いな人に握られると睨みます)
文鳥をお迎えしたことで、毎日笑いが絶えない家になりました。
できるだけ長く一緒に過ごしていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です